法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


法事 お布施

法事 お布施
法事・法要のことがわからないのは当たり前

 

「急に法事が必要になった」「法事の準備はどうしたらいいの?」
「お布施の費用ってどれくらい?」「法事のことはまったくわからない」

 

「法事や法要をどうするべきか?」この問いを多くの人が持っています。

 

昔は法事・法要のマナーやしきたり、お布施について
親戚やご近所づきあいの中から情報を得ることができました。

 

しかし、核家族化やライフスタイルの変化から、法事・法要でわからないことがあっても身近に
相談できる人がいないという方が増えてきました。

法事・法要は時代とともに、変化しつつある

法事 お布施

 

さらに「昔はこうだった」「こうするのが当たり前」という時代から
「今はこんなこともできるらしい」という時代にもなりつつあります。

 

そもそも、四十九日法要や一周忌法要をする法事の機会は人生で
2・3回程度。法事・法要の事を何も知らないのも無理はありません。

 

また最近では、お寺やご近所とのお付き合いも希薄になり
法事・法要のしきたりやマナー等が継承されなくなりました。
法事や法要、仏事は誰もが失敗したくないデリケートなことだけに

 

 

「今さら聞けない」「まわりに教えてくれる人がいない」

 

そんなときにこのサイトを活用して頂ければ幸いです。

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

法事・法要で失敗しないための8つのポイント

法事・法要を大切な機会に

法事 お布施

法事・法要は故人の供養のために営むものです。

 

また、遺族が集まり、お互いの悲しみを分かち合ったり、普段は会えない親族・知人・友人と近況を報告し合える場でもあります。

 

お墓や仏前の前で手を合わせる行為も
精神的な安定を得られると言われているそうです。

 

先祖に手を合わせて相談や近況報告をする場でもあります。

 

お葬式は一瞬で終わってしまいますが、法事・法要は
長い間、遺族や親族などが集まる機会を与えてくれます。

 

法事・法要を「しきたり」という気持ちで営むのではなく
人と人を結び続けてくれる大切な場として考えましょう。

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

スポンサードリンク


News更新履歴