法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


法事の服装

法事・法要の服装

法事 お布施

法事・法要となるとお葬式と違い、喪服がいいのかなど迷います。家や地域の風習、回忌などにより変わるので、親族間でも確認が必要です。

 

また小物も用意しておきましょう。身につける持ち物は、色だけでなく素材やデザインにも注意します。爬虫類の皮など殺生を連想させるもの

 

黒でも光沢の強いもの(エナメルなど)大きな金具や飾りのついたものは避けます。ハンカチ、数珠、なども忘れず用意しましょう。

何回忌まで喪服を着るの?

 

施主側は三回忌くらいまでは喪服を着用し、次第に平服にすることが多いです。
平服で良い場合は、参列者に早めにご案内しておきましょう。
施主や親族が参列者より、服装の格が下がらないように気をつけましょう。

身内だけの場合も喪服のほうがいい?

 

仏事ですので、基本的には喪服です。ただ身内で施主が平服でよいと判断すれば
地味な服でよいでしょう。派手な衣装は避けましょう。

 

スポンサードリンク



 

夏ならクールビズはOK?

 

法事・法要では僧侶も正装しています。法要のときだけはネクタイ。
上着は着用しておきましょう。会食ではクールビスで大丈夫です。

平服でもサンダルやブーツは避けましょう。

 

平服になると足元を見落としがちですが、お葬式と同様にブーツやサンダルは避け、
ストッキングにパンプスを履きます。数珠も忘れないようにしましょう。

 

平服とは礼服でなくてもよいという意味です。カジュアルすぎては失礼です。
シンプルなスーツやブラウス、紺やグレーの無地のスカートなど、清潔感のあるものを選びます。

失礼のないように準備

法事 お布施

スポンサードリンク