法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


初七日法要

初七日法要とは

 

故人が亡くなってから7日目に行う法要のことです。

 

東日本では故人が亡くなった日から数えて7日目
西日本では亡くなった日の前日から数えて7日目

 

と、東日本と西日本では多少日にちに違いがありますが
葬儀、火葬、骨上げが済んでからおよそ数日後のことです。

 

しかし、葬儀で集まっていただいた親族などに
もう一度初七日の日に集まってもらうのも大変です。
そこで葬儀の当日に行われることが一般的になってきました。

 

骨上げ後、ご遺骨が自宅に戻りましたら
後飾り壇(小さな祭壇)にご遺骨を安置します。

 

僧侶に還骨勤行の読経をしていただき
そのまま初七日の法要を行います。

 

その後は僧侶や葬儀関係者(世話役やお手伝いの方など)の労をねぎらう
精進落としの振る舞いといった宴を行います。
ここでは精進料理ではなく、肉料理や魚料理も振る舞われます。

 

遺族は末席に座り、一人一人に酒などをすすめ、労をねぎらいます。
精進落しの振る舞いを行わない場合は、
折り詰めやお礼の金銭などで宴に変えることもあります。

 

スポンサードリンク



 

初七日とはどんな日なのか

 

初七日は、故人が三途の川のほとりに到着する日だとされています。

 

故人の生前の行いにより、激流か急流か緩流かのいずれの川を渡るかが
お裁きで決まる大切な日で、緩流を渡れるように法要をします。
この裁きの日が初七日です。

 

また、三途の川の三通りある渡り方は、橋、船、泳ぎとされることもあります。
故人が緩流や橋、船で渡ることができる様に
ご供養するのが初七日法要というわけです。

 

法事 お布施

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

スポンサードリンク