法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


四十九日法要

四十九日法要

 

七七日(しちしちにち / 四十九日、満中陰とも呼ぶ)

 

六七日で、変成王の第六法廷での裁き、
追及を経て、つぎの法廷へと送り出されます。

 

ここで守護してくれる弥勒菩薩(みろくぼさつ)が
来世ではしっかり修行を積むように諭してくれます。

 

その七日後の七七日、ついに最後の法廷にたどりつき
閻魔大王(えんまだいおう)の息子である
泰山王(たいざんおう)の前に立ち最後の判決を聞きます。

 

その判決の内容は「六つある鳥居のうち、一つを選びくぐりなさい。」というものです。
六つの鳥居は「六道」を表していて、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天界
このうちのいずれかの世界に通じているのです。

 

これまでの裁きや遺族の追善供養のありようで、
すべての鳥居が地獄に通じていたり、
人間界に通じていたりします。まさに因果応報なのです。

 

ここで守護してくれるのは薬師如来(やくしにょらい)様です。
薬師如来様は魂に新たな体を与えてくれます。

 

この日をもって忌明けとなります。

 

とても大切な日なので、親族を集め、僧侶を呼んで法要を行います。

 

それぞれの日の意味を理解することにより、しっかり供養できます。
形式的に法要を行うだけでなく、想いを込めて供養することが大事なのです。

忌明け法要=四十九日法要の法事を行う

 

死後49日目の四十九日法要を、忌中が明けることから「忌明け法要」といいます。
宗派によっては35日目の五七忌法要を忌明け法要とする場合があります。

 

法事・法要が簡略、省略されがちな現代ですが、
四十九日法要は重要視されており、

 

菩提寺に遺族・親族の他、故人の友人・知人
を招いて行うのが一般的です。

 

儀式そのものに決まった形はありません。
通常はお寺で読経し、その後「お斎(おとき)」と呼ばれる会席を設けます。
そこで僧侶や参列者をもてなします。

 

お墓がある場合は、四十九日法要と合わせて納骨を行う場合が多いです。

追善法要

 

四十九日までの間、七日ごとに閻魔大王(えんまだいおう)による裁きが行なわれます。
最終的に極楽浄土にいけるかどうかの判決が下されるのが四十九日目だと言われています。

 

閻魔様に少しでも良い判決をしてもらうために
故人が生前に行なった善行に(ぜんこう=よいおこない)

 

遺族が祈ることによって善を足す、善を追加するという意味で
「追善法要(ついぜんほうよう)」と呼ばれます。

 

スポンサードリンク



 

四十九日はとても重要

四十九日は忌明けということで、
故人を供養するにあたってひとつの節目となります

 

そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に
合わせて行なわれることが最も多いです。

 

仏壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し
「開眼供養」は四十九日の法要までに行なわれます。

 

法事 お布施

納骨・納骨式

遺骨をお墓に埋葬する儀式。納骨は四十九日に行なわれることが多いようです。
四十九日の日に行なわない場合でも遅くとも三回忌の頃までに済ませます。

 

>>>納骨法要

開眼供養

仏壇開きとも言われ、魂を入れた本位牌を仏壇に安置する儀式です。

 

>>>開眼法要

香典返し

通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。
一般的に四十九日の忌明けにタイミングを合わせて手配をします。

 

香典返しの金額の目安は「半返し」と考えられています。

 

一般的には、金額別に3〜4段階の品物を用意し、
お返しの品をそれぞれの贈ります。

 

全員同じ品物でも問題はありませんが、
最近ではカタログから欲しい品を選ぶという香典返しも多いです。

 

親族の場合、高額な香典をいただくことが多いので、
「半返し」ではなく1/3〜1/4程度でも問題はありません。

 

法事 お布施
>>>急に法事が必要になったら・・・

 

スポンサードリンク