法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


百か日法要

百か日法要

 

四十九日法要のあとは、死後100日目の「百か日法要」を行います。
遺族の悲しみをリセットするための法事になります。

 

百か日とは、亡くなられた方がご先祖様として祭られる初めての法要で、
とても重要なものです。百か日法要は卒哭忌(そっこくき)とも呼び、

 

悲しむのをやめるという意味もあります。
百か日の法要は故人が亡くなられた日から100日目に行います。

百か日の意味

 

四十九日で亡者の行き先は決まっているのですが、
もし三悪趣(地獄界・餓鬼界・畜生界)に落とされていたら、
平等王によって再審の機会が設けられます。

 

その際に、亡き人を守護してくれるのが観音様です。
観音様は大変慈悲深い菩薩様で、

 

あらゆる方法で我々の願いを叶えてくれます。
このことから、百か日法要では観音経をお唱えすることが多いです。

 

スポンサードリンク



 

百か日法要は親族のみ?

 

百か日は身近な親族のみで営まれる事が多いです。
昔は百か日法要まで盛大に行われていました。

 

しかし、最近では省いてしまう所も多くあります。
地域や家などにより違いはあるようですが、多くの方をお招きするのも良いことです。

 

参拝客に焼香をしてもらい、お膳などをもてなす事で、
生じた多くの功徳を故人へ送り届けることができます。

 

法事 お布施

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

スポンサードリンク