法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


一周忌法要

一周忌法要

 

故人が亡くなってから丸一年を経て営まれる法事・法要です。
年忌法要の中では喪が明ける日として最も重要視されています。

 

この日は都市王のもとでお裁きを受けます。
守護してくれる仏様は勢至菩薩様です。

 

智慧の光によって亡者を照らし、
苦しみの世界から救ってくれます。

 

一周忌は盛大に執り行うのが一般的です。
その後の年忌法要からは、法事が簡略化されつつあります。
親族間で話し合いどうしていくかを決めていきます。

 

スポンサードリンク



 

年忌法要

 

命日から一年目、三年目、七年目など、
節目となる年ごとに行われるのが年忌法要です。

 

亡くなってから満一年目の同月同日のことを一周忌と呼びます。

 

法事 お布施

忌明け後の法事・法要

法事 お布施

忌明け後の法事・法要は、僧侶に読経してもらいます。
法事・法要は、命日である祥月命日(しょうつきめいにち)に行うのが望ましいです。

 

しかし、集まる人の都合もありますので、休日に行うことが多いです。その場合は命日より前の休日に行うことが一般的です。

 

年忌法要も、基本的には忌明け法要と内容は同じです。
決まった形式はありません。

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

スポンサードリンク