法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


三十三回忌法要

三十三回忌法要

 

丸三十二年を経て営まれる法要です。
三十三回忌法要で「忌上げ」とするのが一般的です。

 

没後、三十二回目の祥月命日です。日本独自につくられた
「十三王信仰」に基づく13の審判のうちの13番目の審判です。

 

神道では、三十三回忌をもって荒御霊が和御霊(祖霊)になるとするため、
三十三回忌を区切りとします。

 

日本の仏教の一部では、神仏習合の影響により、三十三回忌・五十回忌をめどに
「祖先神」として一体化すると考える場合もあります。

 

一周忌は亡くなってから満一年目に行ないますが
他の年忌法要は満年数マイナス一年で行ないます。

 

ですから三十三回忌の法事・法要は満32年目の命日に行ないます。

 

例えば、平成25年に亡くなった場合、一周忌法要は平成26年。
三十三回忌法要は33年目の平成58年ではなく32年目の平成57年に行います。

 

スポンサードリンク



 

地域や家、お寺の考えによって違いますが、

 

一般的には三十三回忌で年忌法要を終え、
永代供養とすることが多いようです。

 

なぜなら、次の法要は50回忌ですので、施主も世代交代してしまうからです。

 

最後の法要を「弔上げ(とむらいあげ)」といいます。

 

忌上げというのは、
「今後は故人の個人的な法事・法要はせずに、ご先祖様として供養する」
という意味です。

 

こういった意味から、できるだけの知人、親族を集め盛大に行いましょう。
同窓会のような雰囲気で和やかに行います。

 

また、年忌法要を打ち切るということで「年忌止め」ともいいます。

 

一般的には五十回忌からは遠忌(おんき)といいいます。。

 

また年を重ねると、供養する対象も増えてきます。
七回忌以降は、他のご先祖様の法事・法要と合わせて行うこともできます。

 

これを「併修」といいます。併修を行うときは
命日が早い御先祖様に合わせた日程で行います。

 

法事 お布施

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

スポンサードリンク