法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


開眼法要

開眼法要

 

開眼法要(かいげん・かいがんほうよう)は、
仏像、仏画、仏壇、墓などの完成の際に営まれる法要のことです。

 

「開眼供養」、「入魂式」、「魂入れ」とも言います。
浄土真宗では、「開眼法要」・「入魂式」は行いません。

 

墓石を建てても、この状態ではただの石に過ぎないので、
開眼法要を行う事により、故人の魂を墓石に向かい入れます。

 

仏教における本尊(仏像や曼荼羅)・墓石・仏壇・位牌などを新しくしたり、
修復して戻すときに、僧侶を招いて供養の読経をします。

 

墓石の場合は、開眼法要と同時に納骨法要も行われるのが一般的です。

 

スポンサードリンク



 

開眼法要の由来

 

その昔、仏像を造るときに、大部分を完成させておいて
最後に「点睛」すなわち「眼を描き込む」ことにより、
人の手で作られた物としての像は仏像に成ります。

 

像に尊い魂が入って完成することから、特に点睛を重要視し、
後世「開眼法要」として儀式化しました。

 

浄土真宗では、本尊などに魂を込めるという概念が無いため、
「御移徙」(ごいし・おわたまし)と呼ばれる慶事の法要を営みます。

 

「移徙(いと)」とは、「移り動くこと」・「移転」を意味します。
「尊い人の転居」を言う敬語であり、崇拝すべき仏にもあてられます。

開眼法要の時期

 

開眼法要を行う時期は、お墓を建ててから納骨法要(お骨をお墓に収める)
と一緒に行うのが一般的です。

 

しかし、開眼法要は墓石=故人(先祖)の
家が完成したと言うお祝いでもあります。

 

ですから、家族や親類が集まりやすい、
年弔法要やお彼岸、お盆といった時期に行います。

 

法事 お布施

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

スポンサードリンク