法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


初盆・新盆

法事 お布施
初盆・新盆

 

正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。
お盆は先祖や亡くなった人たちの霊を祀る法事です。

 

先祖の霊があの世から帰ってくる日で、
家族や子孫とともに過ごすという日本古来の行事です。

 

初盆・新盆とは、告別式を終え四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆です。

 

全国的に8月15日頃にお盆の行事を行いますが、
仏教の教えでは本来7月に行います。

 

しかし、農作業の繁忙期にあたるため、
農業が盛んな地域では8月に行うようになりました。

初盆・新盆とお盆では準備するものが違う

法事 お布施

 

通常のお盆の準備のほか、通常の盆提灯と初盆・新盆のときだけ使う、
白提灯(白紋天)を用意します。白提灯は初盆・新盆を迎える家で準備しますが、通常のお盆で使う、絵柄入りの盆提灯は家族が準備するほか、親戚や知人から送られることもあります。

 

古くから初盆・新盆では、親戚や故人と親しかった方が、盆提灯を贈るという習わしがあります。いただいた盆提灯は、精霊棚(しょうりょうだな)や仏壇の前に飾ります。

 

 

法事 お布施

 

 

初盆・新盆の家では、初めて帰ってくる故人の霊が迷わないための
目印として、白提灯を玄関や部屋の窓、仏壇の前などに吊るします。

初盆・新盆用の白提灯は、ひとつあればよく、身内が用意します。

 

最近では、住宅事情などスペースを考えて、兄弟や親戚などから
盆提灯用にと、現金で用意する場合も多くなっています。

 

初盆・新盆用の白提灯を飾るのは新盆の時だけで、お盆が終わったら燃やして処分します。処分の方法は、以前は送り火で燃やしたり、自宅の庭でお焚き上げしたり、菩提寺に持って行き処分してもらいます。

 

火袋に少しだけ火を入れて燃やし(形だけお焚き上げをして)、
鎮火を確認してから新聞紙などに包んで
ゴミとして処分する家も増えています。

 

普通の絵柄の入った盆提灯は、毎年飾るものですから、
お盆が終わったら火袋をよくはたき、
部品をきれいに拭いて箱に入れて保管します。

 

たくさん頂いて盆提灯を、毎年飾るのが大変な場合、
2年後くらいから少しずつ飾る数を減らしていきます。

 

スポンサードリンク



 

僧侶へのお布施

 

僧侶は限られた日数の中で檀家をまわり、読経をしますので、
茶菓でおもてなしをしましょう。そのときに「お布施」を包みます。

お参りに来てくださった人へのお返し

 

初盆・新盆にはご仏前を持参される方も多いので、
菓子折り程度の返礼品を準備しましょう。
高額だった場合には、後日改めてお返しします。

四十九日を迎えていない場合

 

初盆・新盆は四十九日が明けてから初めて迎えるお盆です。
亡くなったばかりで、まだ四十九日を迎えていない場合は、
初盆・新盆は翌年となります。

初盆・新盆の準備は早めに

 

僧侶もお盆の時期には多くの檀家を回ります。
お経をあげてもらうには、早めに手配しておきましょう。

 

また、足りない仏具、盆棚や初盆・新盆に必要な
白提灯(白紋天)などは早めに注文しておきます。

 

法事 お布施

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

 

 

スポンサードリンク