法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


納骨法要

納骨法要

 

納骨は、四十九日の忌明けの法事・法要とあわせて行うのが一般的です。
その場合、菩提寺で僧侶の読経、参加者の焼香を行ったあとに
納骨式を行います。そのあと、会食するということになります。

 

四十九日の時点でお墓が用意できていない場合は、
忌明け法要に合わせることはないです。

 

時間を置いて納骨しても問題はなく
一周忌や三回忌など年忌法要で納骨します。

納骨を行う準備

 

菩提寺と納骨の日取りを決め、石材店に連絡します。

 

その際にカロートを開けてもらう作業や
墓石へ亡くなった方々の戒名と俗名、
死亡年月日や行年・享年の彫刻(墓誌)などの依頼を行います。

 

法事 お布施

 

納骨を行うには「埋葬許可書」と認印が必要です。
埋葬許可書は火葬から持ち帰った、遺骨の入った箱に納められています。

 

スポンサードリンク



 

墓前で納骨式

 

納骨式では、まず祭壇や遺影、位牌を設置します。
施主が遺骨をカロートに納めます。
僧侶が読経し、一同が焼香し祈祷を捧げます。

 

位牌には忌中まで用いる白木の位牌と、
忌明け後に用いる本位牌とがあります。

 

四十九日法要で納骨をおこなうときは、白木の位牌を持参して、
故人の魂を移し替えてもらう必要があります。

 

また新しく立てたお墓に納骨する場合は、
納骨式の前に「開眼供養」を行います。

 

開眼供養では、墓前に祭壇を設置し、読経・焼香を行います。

卒塔婆供養

 

お墓のうしろに立っている、細長い板状のものを
卒塔婆(板塔婆)といいます。
年忌法要やお彼岸などに故人に冥福を祈る意味があります。

 

卒塔婆を立てることは故人への最もの供養となります。
宗派によってはないこともあります。

 

卒塔婆供養を行う場合は、事前に卒塔婆を寺院や
専門業者に用意してもらいます。

 

卒塔婆の相場は3000円〜1万円ほどで、
寺院により決まっています。お布施とは別に用意します。

 

法事 お布施

 

>>>開眼供養

 

スポンサードリンク