法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


閉眼法要

閉眼法要

 

お墓を改葬するときや新しく作り直すときに行うのが
閉眼法要(閉眼供養)、お魂抜きです。

墓石に宿った仏様の魂を抜き取る際必要となってくる供養です 。

 

閉眼供養(へいげんくよう)とは「御魂抜き(みたまぬき)」「お精抜き(おしょうぬき)」
とも言われます。正式には「撥遣:はっけん」と言います。

 

墓石から魂を抜いて、ただの石に戻すことをいいます。
浄土真宗では、「遷仏法要」又は「遷座法要」といいます。

 

仏教では、現存する本尊(仏像や曼荼羅)・墓石・仏壇・位牌などを、
別の場所に移転したり、傷んだものを修理する際に、
僧侶を招いて供養の読経をしてもらう、祓魂式(お精抜き)のことです。

 

また、仏様の魂は棹石(さおいし・○○家之墓などと彫ってある石)
の部分に宿っていると言われています。

 

その為、墓石に文字を追加したりする場合も、
お寺の僧侶に閉眼法要(閉眼供養)
を行ってもらう必要があります。

 

閉眼法要(閉眼供養)は、身内だけで行うのが一般的です。

 

「閉眼」とは、本来は「仏像の目を閉じる」ということからきており、
入魂された霊験ある仏様を、一時的に元の単なる造作物に戻すことを言います。
「お精抜き(おしょうぬき)」とは、入れた根性・正念・魂を抜くということです。

 

スポンサードリンク



 

閉眼供養のやり方

 

菩提寺の僧侶に依頼し、お経をあげてもらいます
。ろうそく、線香、お花を用意します。

 

式が執り行われたあと、墓石の中の遺骨をすべて上げ、
自宅又はお寺に預けます。

 

棹石のみお寺の無縁墓に合祀される場合と、
すべて解体処分する場合とがあります。

 

墓地は更地にして墓地の管理者に返還します。
墓石の処分は石材店に依頼します。

 

>>>急に法事が必要になったら・・・

 

 

スポンサードリンク