法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


法事・案内の準備

法事 お布施
法事・法要の準備と流れ

 

法事・法要は当日慌てないように準備することが大事です。
法事・法要は営む時期が決まっていますのでしっかり確認しておきましょう。

 

どれくらい前から何を準備すればよいか?ここでは具体的な
法事・法要の準備と流れを説明します。

 

法要は故人をしのび、冥福を祈るために営みます。
また、人がつないでくれた縁を確認する場でもあります。

 

法事・法要は菩提寺に出向いて行く法事・法要と
自宅に僧侶を招いて行う法事・法要があります。

 

以前までは、一周忌に遺族・親族以外に故人の友人や知人を
招いていたものですが、最近では遺族や親族のみで行う法事・法要が増えています。

 

三回忌以降は僧侶を招いてお経をあげてもらうことをせず
遺族のみで行うことも増えており、その際には会食の都合を優先して
ホテルやレストランの個室で行うことも増えてきています。

四十九日・百か日法事・法要の流れ

 

亡くなった日から7週間は、故人が成仏できるよう、7日ごとに法事・法要が営まれます。
最近は初七日忌以降を省略し、四十九日忌に広く親戚などを呼んで行うことが増えています。

 

納骨もこの日にすませることが多いようです。地域によっては四十九日忌ではなく
三十五日忌に法事・法要を行うところもあります。

 

法事 お布施

 

仏教では、残された家族が法事・法要を営み、安らかな成仏を願うことで、
死者が極楽浄土に往生すると考えられています。
百か日忌までの法要・法事は僧侶に読経してもらうなどの供養をします。

一周忌、三回忌に広く人をお呼びして・・・

百か日忌以降は、亡くなった翌年に行う一周忌、三回忌、七回忌と年忌法事・法要をを営み
三十三回忌を弔いあげとするのが一般的です。地域や家の考え方によっては
三十三回忌より早く弔いあげとする場合もあります。

 

法事 お布施

法事・法要の準備をする

 

法事・法要は親族が責任をもって行います。

 

法事・法要は、故人をしのび成仏を祈る仏教の儀式です。
また、親族が集まって親交を深める大切な場でもあります。

 

地域や各家によりますが、中でも四十九日忌や一周忌、三回忌は特に重要と考えられています。

 

法事・法要が簡略、省略されがちな現代でも重要視されており
菩提寺や自宅に遺族・親族の他、故人の友人を招いて行うのが一般的です。

 

儀式そのものに決まった形はありませんが、通常はお寺や自宅で読経してもらったあとに
「お斎(おとき)」と呼ばれる会席を設け、僧侶や参加者をもてなします。

 

お墓がすでにある場合は、四十九日法要とあわせて納骨を行うことが多いです。

 

スポンサードリンク



 

法事・法要の日程を決める

 

法事・法要は「命日当日に行わないといけない」ということはなく
僧侶や主な親族の都合を確認し、命日当日が難しい場合は

 

その日より前に開催するのが一般的です。
平日の場合は日曜か土曜にずらすこともできます。

法事・法要の会場を決める

 

自宅、菩提寺の本堂、お墓の前、法事・法要施設、ホテルなど会場は様々です。
各家庭や地域の事情に合わせて選びます。

 

菩提寺への依頼は法事・法要をお願いすることを伝え、内容の相談をします。
このとき供物(くもつ)などは誰が用意するのか聞いておくとよいです。

 

お寺が決まったものを用意して費用も負担してくれるかを聞いておきます。
お寺とのお付き合いがない、遠方にある場合や知識がなくわからない場合は
法事・法要の専門業者に相談することになります。

 

法事 お布施

法事・法要の参加者への案内

 

法事 お布施

 

法事・法要を遺族や親族のみで行う場合には電話による連絡でも良いのですが故人の知人、友人や会社関係者などにも知らせる場合には、案内状を送ります。

 

親族以外の方にも案内状を送る場合には、食事や引出物の手配の都合もあるため返信用はがき(または往復ハガキ)にて出欠を確認し法事の約2週間前には返事をもらえるようにします。

 

近年では、会席を設けないスタイルも増えています。その場合、お弁当や、すし折りを持って帰ってもらいます。

 

しかし、会席を設けることは、故人がつないでくれた”縁”を感じられる良い機会となります。

 

施主はそういった法事・法要の意味や意義を考えて準備したいものです。

  • 返信用はがき、または電話で出欠をとらせてもらう
  • 施主や遺族が平服であれば、案内状にも記しておくとよい
  • 供物を辞退するときは、その旨を記載する

>>>法事・法要の相談公式ホームページ
>>>僧侶へのお布施のページに進む

スポンサードリンク