法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


僧侶へのお布施

法事 お布施
お布施の準備をする

 

葬儀や法事法要の際に、お寺に(僧侶に)渡す謝礼をお布施と言います。
主に読経をはじめとする一連の儀式でお世話になった謝礼です。

 

法事・法要のお布施の金額は3〜5万円程度です。

 

最初の法要で渡したお布施と同額を以降の法事・法要で包むことが多いので
できるだけ事前に確認します。とは言え、金額を提示されず「お気持ちで・・・」

 

と言われると、いくら包めばよいか困ってしまうものですよね?
そういう場合は専門業者に尋ねてみるとよいです。

 

お布施は読経してもらう場合に渡します。回忌や規模にかかわらず
読経をしてもらうときは必要です。お布施を渡すタイミングは
いずれの場合でも、僧侶がお帰りになる際にお礼を申し上げて渡します。

 

僧侶が法要のあとの会食(お齋)に同席して下さる場合には会食のあとです。
控室などを借りる場合「御席料」を5000円程度をお布施とは別に、法要前に渡します。

 

また読経時間や宗派、地域などによってもお布施の金額は変わることがあります。

お布施を包む

法事 お布施

 

お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。

 

半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが、
最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。

 

郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。
この場合の封筒は、二重になっているものは使わないようにします。

 

「不幸ごとが重なる」といわれます。
二重封筒は避けた方が良いでしょう。

 

  • 表書きは「御布施」「お布施」「御経料」などで、水引きは不要です。
  • 下段は、上の見本画像のように、「○○家」と施主の姓を書くか、または施主の氏名を書きます。
  • 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。
  • 本来は半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが最も正式な形です。のし袋は用いません。

 

スポンサードリンク



 

お布施のマナー

 

お布施の渡し方にもマナーと作法があります。

 

通夜、葬儀の読経や、法要の読経が終わり、僧侶が帰られる際には
お礼としてお布施を渡します。必要があれば、お車代、御膳料も一緒に渡します。

 

お布施は直接手渡すのではなく、小さなお盆に載せて用意します。
お盆は、切手盆などが体裁が良いのですが、無ければ小さなお盆に載せ
文字の正面 を僧侶の方に向けて差し出します。

 

僧侶にお布施を渡すときの挨拶は

 

「本日は、父の四十九日に際し、お心のこもったおつとめをして頂きましてありがとうございました。」
「些少ではございますが、これはお礼でございます。どうぞお納め下さい。」
「どうか今後とも宜しくお願い申し上げます。」

 

と一言挨拶を添えてお布施を渡します。

 

百箇日、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌といった具合に
法事・法要はありますが、七回忌の頃から法要の規模は少しずつ控えめになっていきます。

 

地域にもよりますが、僧侶を呼んで法事・法要を行うことは減っていき
遺族だけで供養するのが一般的です。

 

この場合「法要の謝礼」としてお寺にお布施をお渡しすることはありません。
しかし普段からお寺にお参りする際にお布施をすることはあります。

お布施以外にかかる費用

 

花、供物、線香の用意のほか、斎場を借りた場合は斎場使用料も必要です。
法要後の会食(4000円〜)と引き出物(3000円〜)が一般的にかかる諸費用です。

そのほかの謝礼

 

僧侶を呼ぶ場合は「御車代」(5000円〜)
会食を用意しない場合は「御膳料」(5000〜2万円程度)
卒塔婆供養をする場合は「御塔婆料」(1本3000円程度)を包みます。

 

このあたりの相場は寺院や専門業者に確認しておきましょう。
また、花や供物を寺院に用意してもらったら「御花料」「御供物料」を包みます。

 

お金はお布施と同じように袋に入れて渡します。
お布施の袋とは別の袋を用意します。

 

例えば「お布施」「御車代」「御膳料」などすべて意味合いが違いますので
この場合は3つに袋を分けて渡します。

 

また、会食そのものを実施しない場合には
折り詰めの料理、お酒の小壜などをお持ち帰り頂きます。
法事 お布施
>>>法事・法要の相談公式ホームページ

 

>>>お供え・花代のページに進む

スポンサードリンク