法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


法事の粗供養品

法事 お布施
法事・法要の返礼品の手配

 

参加者に御仏前や供物をいただくこともあるので、返礼品を用意しておきます。
これを粗供養といい、供養をいただいたことに対するお返しをする粗品です。

 

おもに西日本の地域で粗供養と呼ばれており
関東地方の人には耳慣れない言葉かもしれません。
「ささやかなお礼」という「粗品」と似たような意味です。

 

本来「供養」とは自分を含むすべての人々の幸せを祈るものです。
ですから法事・法要に参加した方々の幸せを祈り、振る舞う品物として「粗供養」があります。

 

日本人の奥ゆかしさ、伝統、習わしみたいなもので、
たとえどんな良い品物であっても「粗品」と言うように「粗供養」として渡すわけです。

 

スポンサードリンク



 

お供えと粗供養と

法事 お布施

 

「お供え」は御本尊様に捧げる物です。故人に供えるのではありません。
故人を導いてくださる御本尊様に捧げる物です。

 

つまり、粗供養は参列された方々に捧げる品。
お供えは御本尊様に捧げる品なのです。

 

 

お寺で法事・法要する場合、お寺の御本尊様にお供えしますから、
供えた品はお寺に置いて行きます。お寺から「御本尊様からのお下がり
です。お持ち帰りください」と言われ場合に持ち帰ります。

 

 

御本尊様からのお下がりでありがたい物ですから
参加者にも持ち帰ってもらいます。

 

自宅で法事・法要をする場合は
自宅にある仏壇に祀られている御本尊様にお供えしますから
気兼ねなく分ければ良いです。

 

粗供養を渡すタイミングはお開きに近いタイミングがよいです。
会食が終わりに近づいたころに施主からお礼を述べ、帰りに渡します。

 

法事・法要に参列せず、香典や供物をいただいた場合は
後日にお礼の手紙を添えて送ります。

 

粗供養の金額の相場や内容については、参列者へのお礼として一家にひとつ用意します。
品物は消耗品が一般的で3000円〜が目安です。持ち歩くことを考えて、重いものは避けます。

 

粗供養に関して「どんな品物にすればいいか迷ってしまう!」という方は
法事を行う地域での定番商品を、専門業者に相談してみましょう。

 

地域によって風習や価値観も全く違うのが、冠婚葬祭ですから
専門の方に聞くのが一番良いです。

 

>>>法事・法要の相談公式ホームページ

 

>>>法事をなるべく安くする方法

スポンサードリンク