法事のお布施はいくら?〜急な時でも5万円以下でで手配するコツ

スポンサードリンク


法事をなるべく安くする方法

法事 お布施
法事・法要にかかる費用を安く抑えるには?

 

最近では費用をかけない心のこもった法事・法要が主流になりつつあります。

 

以前の法事・法要は、親族一同を呼び集め、お料理や返礼品を準備し、
数十万の費用をかけて盛大に行っていました。

 

しかし高齢化社会や不況の影響で、盛大な法事・法要を望まない方が増えてきました。

 

本来、法事・法要とは故人を偲ぶ心が大切なのであって
盛大に行う必要があると決まっているわけではありません。
現在では質素な法要が主流です。

 

では法事・法要を安く抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

お布施の費用をできるだけ抑える

 

法事・法要の主な費用は「お布施」「会場費」「飲食費」「返礼品」「供物」です。

 

お布施に関しては、相場が3〜5万円
会食を辞退された場合は別に「御膳料」として5000〜1万円
自宅に住職が来て頂く場合「お車代」5000〜1万円を包みます。

 

寺院で法事・法要を行う場合は寺院規定の本堂使用料が別途に必要です。
このあたりの相場は地域や宗派によっても大きく変わります。

 

寺院とのお付き合いも影響してきますので
下手すればお布施関連だけで、10万円近くかかることもあります。

 

スポンサードリンク



 

法事 お布施

お布施などを安く抑える手っ取り早い方法は、寺院や僧侶の手配サービスをしている専門業者に相談し、比較してみるとよいです。

 

寺院や僧侶を手配サービスをしてくれる専門業者であれば
「御膳料」「お車代」や心付けの細かな費用からお布施の大きな費用まで

 

全て含んで35,000円ぐらいのところがあります。
内訳としてはお布施2万円+手配料1.5万円ぐらいです。

 

法事・法要の読経のお勤めだけで、お付き合いを終える場合が殆どですから、余計な心づけ等の出費や、その後の寺院との付き合いはありません。

 

会場に関しては寺院か自宅で行うのがよいです。

 

人数の規模によりますが20名以内ぐらいであれば自宅で行い
それ以上であれば寺院の手配を行います。

会食費用を抑える

 

法事後の会食はその時々ですが、お寺の和室を借り、
お寺推薦のお弁当やさんで頼むと1人10000円近くかかります。

 

お寺の近くの鰻やさんやお寿司やさんだと、1人5000円前後以内に抑えることができます。
交渉次第では、飲み物付でもっと安く抑えることが可能です。

 

セレモニーホールの業者に依頼すると、高くなることもあります。
品数だけ多く、あまりおいしくありません。

 

ビックリするのは飲み物。利用分だけの請求なのですが
ビンジュースやビンウーロン茶が1本900円ぐらいします。
ビールなど1本3000円ぐらいのところもあります。

 

会食+返礼品の費用は、招いた参列者から
「御仏前」として1〜2万円程度包まれますから
そこを考慮して予算を決めればよいです。

 

結果的に法事・法要を安くするには「お布施」関連の費用をなるべく抑えればよいのです。

 

>>>法事・法要の相談公式ホームページ

 

>>>悪徳業者にだまされないためのポイント

スポンサードリンク